-------------------------------------------------------------------------------------
宣言解除後もできる限りの自粛&予防に努めていることと思います。
「新しい生活様式」を取り入れながらお過ごしのカスタムキューファンの皆さまへ、
Lucky先生が数回にわけて世界の銘CUEをお届け致します♪
しばし現実を忘れて愉しんで頂ければ幸いです(^^)

-------------------------------------------------------------------------------------


Vol,11 - @
Barry Szamboti

コンディション:Vintage NEW、1Butt2Shafts/参考価格200万円(税別)


偉大な父Gusの後を継いで1992年より製作を始め、ついに先日引退を表明した私の兄弟分のBarry。これは彼の1998年の作品。

バーズアイフォアアームに黒白黒白の4枚べニア。
ガブーンエボニーの4剣である。

ハギの中にはシェープドスピアが程良いポジションで入っている。
スロットリングの中も、何とも言えず、うん、良いネ〜。
このあたりは1998年ともなると、かなり上手になっている。

スリーブは上下にアイボリーステッチ(ダッシュリングとも言う)、白・黒・白・黒のBoxデザインにアイボリーレクタングルと、スプリットダイアモンドで、やはり黒のラインを活用している。
モチーフの間にはドットを2つずつ。

じっくり離れて見ると、兄弟はこの頃は仕事に自信があったのだろうな、と感じる。
頭のてっぺんから爪先まで、塗りも糸巻きもシャフトも、すべてが見事なまでに良い仕事をしている。
道具は作者の体調・心根を表すのだと改めて感じた。

銘キュー1本!!



Vol,11 - A
Barry Szamboti

" Rocket "

コンディション:Used(Rodney Morris)、1Butt2Shafts


こちらはBarryがRodneyに言われて製作したカスタムオーダーキューである、1995年製。

私はRodneyとも昔から仲が良く、彼が高校生の頃にはよく一緒にゲームをして遊んだものだ。
その頃すでに彼はハワイでは一番強かった。Brianに教わっていたからね。ほとんど練習しないでも何でもできちゃって、すごく強かった。

キューを見てみようか。
メープルにパープルハートのステンジョイントの1本。
Rodneyは手が長くて、キューの一番後ろをもって球を撞く。だからカスタムらしくスリーブは長くなっているわけだ、特製だね。

ベニアの配色もデザインも言うことなし!
フロントには一番ファンシーなアイボリーのピーコックが入り、スリーブにはダブルスピアのインレイと“Rocket”の名前が刻印されている。
糸巻きもオリジナルのままで、大変良い状態である。
なかなかこんなザンボッティは見られるものではない。


次回も乞うご期待(^^)/


『世界の銘CUE Vol.1』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.2』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.3』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.4』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.5』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.6』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.7』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.8』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.9』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.10』はこちらから