-------------------------------------------------------------------------------------
緊急事態宣言が徐々に解除されてきましたね。
「新しい生活様式」を取り入れながらお過ごしのカスタムキューファンの皆さまへ、
Lucky先生が数回にわけて世界の銘CUEをお届け致します♪
しばし現実を忘れて愉しんで頂ければ幸いです(^^)

-------------------------------------------------------------------------------------


Vol,8 - @
Richard Black

" Floating Points "

コンディション:NEW、1Butt2Shafts/参考価格70万円(税別)


キューメーカーは星の数ほどは居ないけれど、それでもかなりの数は居る。
その中で、独特の打感、撞き味というと『Richard Black』を挙げる人は多いのではないだろうか。

それ程の強烈な個性を持つブランドである。

キューはよくしなる。
そしてスピンの乗りも良い。
例えて言うならば…そうだ、アールグレイのような他の紅茶にはない独特のテイストを醸し出している、そんな高級ブランドである。

キューに目を移すと、Richardのデザインセンスがよくわかる。打感と並び、他のキューとは全く違う個性的なデザインもさすが高級と言われる所以である。
シンプルでオシャレ。簡単そうで実はこれが一番難しいのだ。

1994年の作品、もちろん新品。



Vol,8 - A
Joss West

" Box Cue "


コンディション:NEW、1Butt2Shafts/参考価格120万円(税別)


これは俗に言う“Box Cue”、1988年の作品。

ベースは1962年のGinacueの作品で、そこからGusが作り、Billyが作り、Tim、Showman、Mottey…と続く。

矢羽モチーフのBoxデザイン、アクセントの赤が効いていてとてもオシャレだ。

そして白い部分は全部象牙!!
もうこんなキューは探せないし作れない、ないないづくしの名作だ。

GinacueやGusの古い物はコアしていないので、大変な前バランスで打感も今3つ!!(イマイチよりもずっと悪い!)

でもこのキューは全然問題なくプレイを愉しめる。
さすがはBill Stroudであるな。


次回も乞うご期待(^^)/


『世界の銘CUE Vol.1』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.2』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.3』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.4』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.5』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.6』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.7』はこちらから

『世界の銘CUE Vol.9』はこちらから
『世界の銘CUE Vol.10』はこちらから